Menu

費用は様々

アプリケーション

企業向けの特徴

訪日外国人観光客は年々増加傾向にあり、通訳の必要がある場面も増えてきています。従業員の教育を行ったり、外国人のできるスタッフを雇ったりするという方法がありますが、これらの方法はコストもかかりますし時間もかかります。またスタッフが退職すると一からやり直しというリスクもあります。このようにスタッフの能力に期待するのは様々なリスクがあります。そのため、近年よく使われているのがアプリを用いた通訳です。通訳アプリは一般向けに無料のものも多数出されていますが、企業が使うのならば企業向けのアプリを使うのがおすすめです。企業向けのアプリの方が精度が高く、充実したサポートがあるためです。通訳アプリの費用相場はピンキリです。基本的に、ビデオ通話を利用してオペレーターが通訳するという形になるため、単なる翻訳アプリと比べると人件費がかかります。そのため当然費用としてはそれなりの費用となるのですが、サービスによりかなり差があるのが現状です。アカウントごとに費用が発生することも多いので、接客業などで複数アカウントが必要な場合はより費用が高くなります。個々の会社状況に応じて見積もりを依頼して比較するのがよいでしょう。また、多くの通訳アプリには無料お試し期間があります。この期間を利用して使い勝手や通訳品質を確かめるのも重要です。口コミや導入事例も参考になりますが、自社のニーズにかなうかどうかは自社でしか判断できません。しっかりと見極めて選びましょう。

Copyright© 2018 通訳アプリで業務効率化を目指す【クラウド型なら費用も手頃】 All Rights Reserved.